乾燥肌でかゆみが起こる原因と速攻かゆみを鎮める方法

乾燥肌でかゆみが起こる5つの原因と速攻かゆみを鎮める方法

肌が乾燥しているとかゆみが出てくるので、肌を引っかいてボロボロにさせる前に鎮めたいですよね。

実は乾燥肌のかゆみには原因があり、すぐに鎮めるためには乾燥対策や服の素材などに注目する必要があるとご存知でしょうか?

かゆみが発生する原因を知って、かゆくならないための対処法を実践すると乾燥対策にもなるので、長く悩まされている方は早めに行うことが重要になります。

そこで今回は、乾燥肌でかゆみが発生する原因と、一刻も早く鎮めるための方法をお伝えします!


乾燥肌でかゆみが起こる原因と速攻かゆみを鎮める方法


1 乾燥しているとかゆみが現れる原因


肌が乾燥しているとかゆみが現れて、治まるまで何度も引っ掻いてしまう場合が多いので、原因を知って対策を取ることが大切になります。

肌が乾燥しているとかゆみが現れる2つの理由

外部刺激

肌が乾燥している状態が続くと、皮膚のセラミドや皮脂が減少して、次第に肌の水分がなくなっていきます。

肌から水分が失われるとバリア機能が低下するので、外からの刺激に弱くなってかゆみを感じるようになります。

バリア機能が弱くなると、髪の毛が少し触れただけでも刺激になって痒みが現れるので、乾燥から肌を守る必要があります。

細菌

かゆみを感じる原因には細菌もあり、普通の肌はPH値が弱酸性に保たれていますが、乾燥するとアルカリ性になって細菌が繁殖しやすい環境になります。

細菌によるかゆみも、乾燥から身を守ることで抑えられるので、しっかり対策を取ることが大切です。

乾燥肌によるかゆみは、肌の潤いが保てるようになると改善されるので、我慢できないぐらいかゆいときはすぐに対策を実施しましょう!


2 かゆみをすぐに鎮められる方法


乾燥によって肌がかゆい状態が続くと、我慢できなくなって引っ掻いてしまうので、肌をボロボロにさせないためにも対処法を実践する必要があります。

すぐにできる対処法は、乾燥によるかゆみに効果がある成分が配合されている薬やクリームを塗ることになるので、かゆいときは早めに塗りましょう。

かゆみに効果がある3つの成分

抗ヒスタミン

肌が我慢できないほどかゆくなる原因は、ヒスタミンの過剰分泌になるので、働きを抑えるためにも抗ヒスタミン剤が有効になります。

セラミド

セラミドは水分を溜める働きと蒸発を防ぐ作用があるので、肌のバリア機能を回復させるためには必要不可欠です。

外部刺激によるかゆみも防げるので、ちょっとした刺激でかゆいと感じる方は、セラミドが配合されている物を選びましょう。

ビタミンE

肌が乾燥する原因には血行不良と代謝の低下があるので、ビタミンEの働きで血行を促進して代謝を高めることが重要になります。

乾燥肌から普通肌に変わると、細菌によるかゆみがなくなるので、ぜひビタミンEが含まれている物を使ってくださいね。

肌のかゆみを抑えるためには、上記の成分が含まれている薬やクリームを使う必要があるので、成分表をよく見て使用しましょう!


3 服の素材も要チェック


乾燥肌によるかゆみは、普段着ている服が刺激になって現れることが多いので、避けるためにも素材をチェックすることが大切です。

特に気を付けたいのが、ウールや化学繊維などチクチクする素材で、毎日着ているとかゆみが進行してしまいます。

そのため、シルクやコットンなど刺激が小さい素材を普段着にして、必要以上に肌に触れさせないようにしましょう。

また、毎日身に着ける下着、何時間も肌に触れる枕や布団も刺激となってしまうので、かゆみに悩まされている方は周りの素材に注目してみてくださいね!



4 正しいお風呂の入り方


乾燥肌を改善するためには、お風呂の入り方が重要になるので、かゆみを悪化させないためにもやり方を見直しましょう。

乾燥を防ぐ正しいお風呂の入り方

温度と時間

お風呂に入るときは、肌の保湿成分をたくさん洗い流さないことが大切で、40度以上のお湯に長時間浸かっていると流されやすくなります。

保湿成分を守るためには、ぬるめのお湯にして20分前後で湯船から出ることが重要になるので、乾燥肌の方はぜひ試してみてください。

洗い方

体を洗うとき、汚れを落とそうとゴシゴシと力強く擦ってしまいますが、強く擦るほど刺激になってしまいます。

そのため、洗うときは肌を労わるように包み込み、終わった後は柔らかい素材のタオルでそっと水分を吸収しましょう。

お風呂上がり

お風呂から上がった後は、水分を蒸発させないためにも保湿する必要があるので、すぐに保湿成分が含まれた化粧水や乳液などで肌のケアをすることが大切です。

化粧水や乳液もゴシゴシと塗らないことが重要になるので、洗うときと同じように手に取ったら肌を包み込んでしっかり浸透させましょう。

肌の乾燥を防ぐためには、上記の行動が非常に大切になるので、乾燥肌によるかゆみに悩まされている方はぜひ実践してみてください!


5 かゆみを治すための自分のお手入れ方法


乾燥によるかゆみを早めに治すためには、普段から自分をお手入れする必要があるので、肌がかゆいと感じている方は実践してみましょう

かゆみを治すために必要な3つのお手入れ

爪を切る

かゆみがあるときは、無意識の内に引っ掻いてしまうことが多いので、肌が傷つく上に更にかゆくなってしまいます。

特に、寝ているときは肌がボロボロになるまでかいてしまうので、爪を切って刺激を少しでも減らすことが大切です。

清潔を保つ

汗や汚れは細菌の餌になりやすく、放っているとどんどん繁殖して常にかゆみを感じてしまいます。

そのため、汗や汚れに気付いたらタオルでしっかり拭き取り、なるべく早めにお風呂に入るようにしましょう。

睡眠

乾燥肌を改善するためには睡眠が非常に重要で、しっかり寝ると代謝が活発になって肌が乾燥しにくくなります。

逆に睡眠不足が続くと、ストレスが溜まって体調が悪くなる上に、血行不良にもなって乾燥肌になってしまうので気を付けましょう。

自分のお手入れも日頃から行っていると、乾燥によるかゆみを抑えることができるので、今までの状態を見直してできる所から改善してくださいね!


乾燥肌によるかゆみの原因と、すぐにかゆみを鎮めるための方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

乾燥で起きるかゆみの原因は、外部からの刺激と細菌によるものが多いので、早めに治すためにも対策を取る必要があります。

そして、かゆみをすぐに抑えるためには、抗ヒスタミンやセラミド、ビタミンEが含まれている薬やクリームを塗ると効果があるのですぐに使用しましょう。

かゆみを抑えた後は、乾燥肌を改善する必要があるので、普段着を刺激の少ないシルクやコットンに変え、お風呂の入り方や保湿方法も見直すことが大切です。

後は、肌を清潔な状態に保ってしっかり眠ると、次第に代謝が良くなって乾燥肌になりにくくなるので、かゆみに悩まされている方はぜひ実践してみてくださいね!

まとめ

乾燥肌でかゆみが起こる5つの原因と速攻かゆみを鎮める方法

1 乾燥肌のかゆみは外部刺激と細菌が原因
2 抗ヒスタミンやセラミド、ビタミンEが含まれている物を塗るとかゆみが治まる
3 ウールや化学繊維を避け、シルクのように刺激が小さい服を着用する
4 お風呂の温度と入る時間、洗い方や保湿方法などに気を付けると乾燥を防げる
5 爪を切って肌を清潔にし、しっかり眠るとかゆみが改善されやすくなる


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext