気になるたれ目をチャームポイントに変えるナチュラルメイク術

気になるたれ目をチャームポイントに変えるナチュラルメイク術

顔の中でも一番印象を相手に強く与える目ですが、元々のつり目やたれ目は変えることができないだけに、メイクをする時にも悩んでしまいますよね。

クールで格好いいイメージの強いつり目ですが、実は男性や女性から見て、たれ目の女性は優しく可愛らしいイメージがあり、人気が急上昇していることはご存じでしょうか。

ただ目のメイクに力を入れすぎると、せっかくのたれ目メイクもギャルメイクになってしまい、可愛らしさも半減してしまいますので、メイクはナチュラルにするのが一番です。

そこで今回は、たれ目メイクをさりげなくアピールするために、押さえておきたいナチュラルメイクの方法についてお伝えします。                   


気になるたれ目をチャームポイントに変えるナチュラルメイク術5つ


1 たれ目だとなぜモテる?その秘密とは?  


たれ目だと、いつも眠そうな顔に見える、また引っ込み思案な印象を与える、と悩んでいる方も少なくありません。

たれ目だとおっとりのんびりしたイメージもありますが、同時に可愛い、癒やされるといった好意的なイメージも多くありますよね。

例えば、「可愛い」「癒やされる」「守ってあげたい」のようなイメージです。

これはタヌキやアライグマのように、小動物のような可愛らしさがもたらすイメージのせいかもしれません。

さらに、たれ目は目元が優しい印象なので、笑うとさらにその魅力がアップします。

笑っていなくても、たれ目は目尻が常に下がっている状態なので、柔らかい印象を与えるのも好印象となる大きなポイントです。

目が相手に与えるイメージはとても大きく、優しく見えるたれ目は、性格まで穏やかで優しいイメージを相手に与えるくれるので、意外に得をしてると言えます。


2 たれ目メイクの基本はアイライン?ナチュラルに仕上げるコツとは


ナチュラルにたれ目メイクをするには、アイラインの引き方がポイントです。

そこで、リキッドとペンシルアイライナーを使って、ナチュラルに仕上げる方法をお伝えします。

アイラインで仕上げるたれ目メイクの方法4ステップ

①アイシャドウをつける

まぶたはベージュ系、ブラウン系のアイシャドウを使い、まぶた全体にふわっと乗せます。

②アイラインを引く

リキッドアイライナーを目尻から3mmほど長めに細く引きます。この時上まぶたに沿って伸ばすようにするのがコツです。

③ペンシルアイライナーで目尻を埋める

ペンシルアイライナーで、下まぶたと伸ばしたアイラインをつなげ、瞳の半分まで伸ばします。この時目尻を指や綿棒を使ってなじませると、自然にたれ目になります。

④マスカラを塗る

目尻の方のまつげが長くなるように重ねます。

一重まぶたの場合は、リキッドアイライナーを少し太めに引くのがコツ!目を大きく見せることができますよ!


3 たれ目メイクはつり目でもできる?


元々がつり目だから、メイクでたれ目に見せることは無理、と諦めていないでしょうか?

つり目でも、メイクでナチュラルにたれ目に見せることは可能なのです!

つり目をたれ目に見せるメイクの方法5ステップ

①アイシャドウを塗る

グラデーションで塗り、目尻に向かって濃い目の色を乗せます。

②アイライナーを引く

目尻から3mmほど長めに引きます。黒を使うとつり目が強調されてしまうので、ブラウン系を使い、目尻は必ず下げます。

③インラインを引く

まつげとまつげの間を埋めるインラインを引きます。

④目尻を埋める

目尻の上まぶたと下まぶたの間の三角形の部分をアイライナーで埋めます。

⑤マスカラを塗る

目尻を強調するように塗ります。

目尻をソフトに見せることで、つり目の方も優しいたれ目に見せることができます!

また涙袋に明るい色のアイシャドーを塗ることで目が大きく見えるので、「メイクしてみたけどたれ目に見えない」と感じた時には加えてみましょう。



4 こんなたれ目メイクはNG!メイクする時に気をつけること


ナチュラルメイクでたれ目に見せようと思っても、やりすぎると逆に目が強調され過ぎて浮いてしまいますので、気をつけてメイクをするようにしましょう。

たれ目メイクの3つのNGな方法

目尻を下げすぎ

たれ目を強調するためには目尻がポイントですが、濃い色のアイラインを使ったり、目尻のラインを伸ばしすぎると目だけが不自然な印象になってしまいます。

つけまつげをつける

たれ目メイクではまつげにボリュームを持たせることが必要ですが、つけまつげを使うとボリュームが強調されすぎてギャルメイクになってしまいます。ナチュラルメイクではマスカラで調整しましょう。

眉毛とのバランスがおかしい

眉をシャープに描いてしまうと、優しくソフトなたれ目メイクとアンバランスな印象になってしまいます。ストレートで太めなナチュラル眉をアイブロウで作りましょう。

基本的にたれ目メイクでは、肌になじむカラーを使うのが基本!濃い色を使ってしまうと、目だけが強調されてしまいますので、引き算のメイクを心がけましょう。

さらにアイメイクだけでなく、チークやリップもソフトカラーでまとめると、ナチュラルに仕上げることができますので試してみてくださいね。


5 たれ目メイクに合わせたヘアスタイルで魅力アップ!


たれ目を印象づけるためには、ヘアスタイルもたれ目メイクに合わせるのがコツですので、目元に視線が行くようなヘアスタイルに変えてみましょう。

たれ目メイクにぴったりな3つのヘアスタイル

ワンレンボブ

あごにかかる程度の短めボブで、ワンレングスにすると、落ち着いたイメージになります。幼い印象になりがちなたれ目メイクを大人っぽく見せてくれる効果があります。

眉にかかるギリギリの前髪

たれ目を印象的に見せるヘアスタイルです。また前髪にパーマをあてて毛先を遊ばせ、目元をすっきり見せるとたれ目に目が行きます。

ロングよりショートヘア

髪の毛が長いとたれ目メイクで顔が長く見えてしまうので、ショートヘアがおすすめです。ロングにしたい場合は額を出す、顔に髪の毛がかからないようパーマで動きをつけるといった工夫をしましょう。

たれ目メイクはソフトな印象を与えると共に、幼く見えてしまうこともあるので、ヘアスタイルで大人っぽさを見せる工夫してみてくださいね!


たれ目を生かす、またつり目でもたれ目にしてその魅力をアップさせるたれ目のナチュラルメイクをお伝えしましたが、いかがでしたか?

たれ目メイクのポイントはアイラインの引き方ですが、慣れないうちは太く引いてしまったり、上手く引くことができずに不自然になりがちです。

特につり目をたれ目に見せるため、メイクが濃くなってしまいがちなので注意が必要です。

慣れないうちはアイラインをアイシャドーでカバーするなどして、ナチュラルな仕上がりになるよう工夫してみましょう!

まとめ

気になるたれ目をチャームポイントに変えるナチュラルメイク術5つ

1 たれ目がモテるのは優しく可愛らしい印象を与えるため      
2 たれ目メイクの基本はアイラインで決まる
3 たれ目メイクはつり目でもたれ目にできる
4 たれ目メイクでは眉やチークも合わせないとくどいメイクになる
5 たれ目メイクには目に視線が行くショートヘアがぴったり


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext