知らないとヤバイ額のしわができる原因と自力で目立たなくする方法

額のしわができる原因と自力で治すための方法6つ

年を取ると気になってくるしわは額にもできるので、発見すると「一気に老けたな」と感じることが多いのではないでしょうか?

そして、額のしわは消せないのが大半ですが、自力で薄くすることはできるので諦めずに手入れを続けるようにしましょう。

額のしわは前髪で隠れているため、気付かない内にたくさんのしわが出ている場合もあるので、原因を知って対策をすることが大切です。

しわが小さい内から対策をすると、大きなしわになるのを少しずつ遅らせることができるので、額にしわを見つけたときは早めに改善を始める必要があります。

そこで今回は、額のしわができる原因と自力で目立たなくするケア方法をご紹介します!


知らないとヤバイ額のしわができる原因と自力で目立たなくする方法


1 横にしわができる原因


額のしわは大半が横の線で、原因は紫外線や保湿不足など色々あるので原因を知って対策をしましょう。

線が横になるしわの原因

紫外線

紫外線は肌を老化させる原因で、肌の弾力を保つ働きをするコラーゲンを少なくしてしまうので、早い内から対策をする必要があります。

紫外線は外出中の対策はもちろん家の中にいても浴びているので、場所と季節関係なく常に意識することが重要です。

乾燥

肌が乾燥していると細かいしわができる上に、ターンオーバーが遅れてしわ以外にもシミやたるみも出てきます。

乾燥は色々な肌トラブルの元になるので、毎日の保湿を欠かさないようにしましょう。

老化

額にしわができる原因といえば老化で、年を取るとしわの数が増えていくため老化現象を遅らせる対策をする必要があります。

特に、筋力の低下はしわやたるみを招くので、表情筋をあまり使わない方は早い内から動かすようにしましょう。

しわは避けられない物ですが、原因を知って対策をすることで発生するタイミングを遅らせたり、薄くしたりできるので放置しないようにしてくださいね!


2 縦にしわができる原因


しわは縦にもできるので、思い当たる癖があったら改善して作らせないようにすることが大切になります。

額にできる縦のしわは主に眉間にしわを寄せることでできるので、毎日しかめ面で過ごしていると皮膚が形を記憶して治らなくなります。

皮膚がしわの形を記憶する場合、若い内から悩まされるようになるので縦にしわができていたら、眉間に力を入れないことが重要です。

縦にしわができる原因

  • 眉間にしわを寄せる
  • 集中しているとき
  • 目を細めるとき
  • ストレス
  • 表情筋が強張っている

眉間に力を入れるタイミングは、疲れやストレスが溜まっていたり集中していたりするときが多く、無意識の内にしわを作っている場合がほとんどになるので、縦のしわに気付いたときは原因を見つけて早めに改善をしてくださいね!


3 額のしわを改善するための乾燥対策


額のしわを改善するためには、何といっても肌を乾燥させないようにすることが大切で、皮膚がカサカサになるほど小じわが増えていくので毎日の保湿を心がけましょう。

乾燥から肌を守る3つの方法

洗顔後

肌の潤いを保つためには洗顔をした後のスキンケアが重要で、顔を洗ったまま化粧水や乳液をしないで放置していると、せっかくの水分が蒸発して乾燥を助長させてしまいます。

そのため、洗顔後は時間を置かないですぐに化粧水をつけて浸透させ、高保湿タイプの乳液やクリームを使ってしっかりふたを閉めることが大切です。

環境

乾燥は肌だけでなく環境も重要で、空気が乾いた所にいるとすぐにカサカサになってしまうので気を付ける必要があります。

特に、冬場は寒くて乾燥しやすいので加湿器を使用して、部屋の湿度を50%前後ぐらいまで引き上げることが大切です。

また、夏場もエアコンの使い過ぎで空気が乾燥するので、額のしわを増やさないためにも適度な湿度を保つようにしましょう。

入浴

お風呂に入るときはお湯の温度に気を付ける必要があり、熱いほど肌に負担を与えて水分の蒸発を早めてしまいます。

そのため、お湯を溜めるときはぬるま湯になるように調節をして、長い時間浸からないことが乾燥を防ぐためには重要になるので、熱い風呂に長くいる方は短い時間で済ますようにしましょう。

額のしわを改善するためには、肌や空気の乾燥に注意して刺激を与えないことが大切になるので、皮膚の保湿を怠らず続けるようにしてくださいね!



4 紫外線をカットする方法


肌の老化といえば紫外線で、浴びてすぐ影響が現れるわけではありませんが、将来のしわやシミの原因となるので早い内から対策をする必要があります。

紫外線の怖い所は肌の弾力を保つコラーゲンの破壊で、少なくなるほど肌にしわができてくるので常に対策を施しておくようにしましょう。

肌を紫外線から守る方法

  • UVカットの日焼け止めを使う
  • 防止や日傘で紫外線を遮断する
  • 肌が露出しない服を着る

室内にいても、窓から紫外線は入り込んできますので、最低限日焼け止めを塗り、肌を紫外線から身を守ってくださいね。


5 額のしわ対策に必要なコラーゲンの強化方法


額のしわは、紫外線によってコラーゲンを破壊されることで発生するので、数を増やさないためにも強化する必要があります。

コラーゲンを強化するためにはビタミンCが必須で、コラーゲンの生成以外にも抗酸化作用や美白効果も期待できる成分です。

ビタミンCは食事やサプリメントで摂取する方が最も効率が良いので、紫外線や乾燥対策と同時に実施しましょう。

そして、ビタミンCは空気に触れると破壊される特性を持っていますが、ビタミンC誘導体が含まれている物を使うと肌に浸透してからビタミンCに変わるので、化粧品を選ぶときは入っている成分をチェックしてみてください!


6 額のしわを改善する頭の洗い方


額のしわを改善するためには頭の洗い方にも注意をする必要があり、髪だけを洗っている状態だと皮膚のマッサージができていないので段々固くなって重くなります。

額と頭の皮膚はつながっているため、頭を洗うときは頭皮をマッサージすることが大切になるので実践してみましょう。

頭皮は放っていると固まってきて、抜け毛が出たり額に負担がかかったりするので、定期的に動かしてほぐしてあげることが大切です。

一番はヘッドスパを受けることですが、自分の手で優しくマッサージをするだけでも効果はあるので、額のしわが気になる方はぜひ試してみてください!


額にしわができる原因は紫外線やストレスなど色々ありますが、まずは自分のできる範囲から対策をすることが大切になります。

特に、紫外線と乾燥はしわができる原因の中で最も多いので、UVカットの化粧品を使ったり、肌を保湿したりする必要があります。

そして、一番重要な物がコラーゲンで、紫外線によって破壊されると肌の弾力がなくなってしわができやすい状態になってしまいます。

コラーゲンはビタミンCを摂取することで強化されるので、額のしわに悩んでいる方は最初に肌の保湿をして、積極的にビタミンCが含まれている物を食べるようにしてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

知らないとヤバイ額のしわができる原因と自力で目立たなくする方法

1 横にしわができる原因
2 縦にしわができる原因
3 額のしわを改善するための乾燥対策
4 紫外線をカットする方法
5 額のしわ対策に必要なコラーゲンの強化方法
6 額のしわを改善する髪の洗い方


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext