抜き過ぎてヤバい眉毛を生やす方法と美人眉の作り方6つ

Eyebrow and eyelashes

眉毛は時代の象徴といわれるパーツ!その時代時代で太さや濃さなどに変化がありますよね。

トレンド眉毛を活かしたオシャレなメイクを取り入れたいけど、細眉にするために抜き過ぎたり、剃り過ぎてしまうと、後で取り返しの付かない事態になることもあります。

そこで今回は、抜き過ぎて剃り過ぎてしまって、なかなか生えてこない眉毛を上手に生やす方法と、魅せる眉を作る眉毛ケア実践法を併せてご紹介します。


抜き過ぎてヤバい眉毛を生やす方法と美人眉の作り方6つ


眉毛が生えやすい環境を作る血行促進マッサージ


髪の毛や体毛は栄養が届きにくい状態になると、血行が悪くなり生えにくい環境になります。

髪の毛や体毛、爪などが健康に保つには、体に必要な栄養素を血行を良くして、栄養を届けることが必要不可欠!

眉毛が生える毛周期は3~4か月の期間がかかるため、継続した眉毛の血行ケアが重要になります!

眉毛の血行を良くするマッサージ7ステップ

①頭の中央部分の生え際からこめかみにかけて両手の指の腹でゆっくり流す
②同じ場所を両方の指全部でジグザグに上下させる
③こめかみに手のひらを押し当てて円を描く
④額の中央からこめかみにかけて両手の指の腹でゆっくり流す
⑤眉毛の上から生え際にかけて両手の指の腹でゆっくり流す
⑥上まぶたの骨に沿って目頭から目尻を親指で指圧します
⑦目頭から目尻に向かって親指で引っ張るように流します

眉毛の血行を良くするマッサージは、朝と夜の1日2回、①~⑦の1セットを3回行うようにしましょう。


眉毛を生やす環境を整える3つの方法


抜き過ぎたり、細くなり過ぎてしまった眉毛を生やすためには、生えやすい環境を整えてあげることが大切になります。

眉毛を生やす環境を整える3つの方法

・肌を清潔に保つ

洗顔の時に、眉毛周辺を綺麗に洗浄することが大切です。
メイクや皮脂が残っていると、毛穴の汚れが肌トラブルを起こし、炎症が起きる原因になるため、清潔に保つように毎日の洗顔をしっかりしましょう。

・マッサージ

洗顔と同じタイミングで、眉毛周辺を優しくマッサージしましょう。

・眉毛専用育毛剤

髪の毛以外で眉毛やまつ毛の育毛剤が販売されています。
眉毛に育毛剤を付けることで、生えやすい環境を整えられます。

3つの方法を1セットとして、実践するようにしてくださいね!


食生活改善で眉毛をが生えす方法


髪の毛のトラブルや薄毛、抜け毛に悩む方は、栄養をしっかり摂る食生活の見直しを行いますが、眉毛も理屈としてはまったく同じ!

濃く健康な眉毛を生やすには、食生活を見直しましょう。

眉毛が生えすために摂りたい5つの栄養素

たんぱく質(乳製品・豆類)

たんぱく質は、濃い眉毛を生やすための栄養素です。

亜鉛(カキ・うなぎ・レバー)

亜鉛は新しい細胞を作り、発毛に必要な栄養素です。

ビタミンC(野菜・柑橘類)

ビタミンCは、濃い眉毛を発毛させるために必要な栄養素です。

ビタミンE(ゴマ・ナッツ類・アボガド)

ビタミンEは、血行を促進して、太くしっかりした眉毛を発毛させるために必要な栄養素です。

ビタミンB2(レバー・牛乳・魚介類)

ビタミンB2は、太くしっかりした眉毛を育てるために必要な栄養素です。

偏った食生活は体の状態も悪くしてしまいますが、同時に発毛や育毛にも悪影響を及ぼしてしまいます。

この機会に体に良い栄養素を積極的に摂って、健康で丈夫な眉毛を生やしましょう!


美眉を手に入れるための2つの眉毛ケア法


眉毛ケアで失敗が起こる原因、、、例えば顔とのバランスが悪くなったり、眉毛の左右の形や位置が合わなかったり、、、とバランスを取るのは難しいですよね?

そこで失敗しない眉毛ケアのコツをご紹介します!

失敗しない眉毛ケアの2つのコツ

・ケア前に下書きをする

眉毛ケアで重要なのは、まずどのような眉毛にしたいのか、細さや長さのバランスそイメージすることです。
ケアを始める前にアイブローで眉毛の下書きをして、そのラインにそってケアを行いましょう。

・眉カットはシェーバーを使用する

眉カットをハサミで行うと、眉毛の長さがバラバラでバランスの悪い見た目になってしまいます。
眉毛専用のシェーバーを使えば、アタッチメントが長さの調整をしてくれるので、簡単に眉毛の長さを整えられバランスも良くなります。


自然なナチュラル眉毛の作り方


眉毛の抜き過ぎで細く薄い眉毛を、自然なナチュラル眉毛にすると、健康的で清楚なイメージに変わります。

太めのナチュラル眉毛は、小顔効果もあるので即チャレンジしてみましょう!

自然なナチュラル眉毛を作る4ステップ

①眉毛の輪郭をしっかり描く
②輪郭の中をパウダーアイブローで埋める
③眉毛マスカラで眉毛を明るい色にする
④眉毛が消えないようにアイブローコーティングで保護

ナチュラル眉毛を作る時は、最初に眉毛の輪郭をしっかり取って、バランスを見ることが大切です。

ペンシルのみで仕上げると、眉毛が濃くなり過ぎて、眉毛が強調されてしまうので、パウダーアイブローでぼかしながら仕上げると、自然なナチュラル眉毛が実現しますよ!


眉毛を美の黄金比率に整えるポイント


美しく魅せる眉毛を作るためには、美の黄金比率に沿った眉毛の整え方を実践しましょう!

自然な眉毛に整える4つのポイント

・眉頭は小鼻の外側と同じ位置に置く
・眉頭と眉尻は平行線上の同じ場所の高さに置く
・眉山は目尻と黒目の外側の中間に置く
・眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上に置く

眉毛を美の黄金比率に整える時には、眉毛の上の部分は絶対に剃ったり抜いたりせずに、手を加えないことが自然な眉毛に近づける秘訣ですので、ぜひ覚えておいてくださいね。


さて、『抜き過ぎてヤバい眉毛を生やす方法と美人眉の作り方6つ』はいかがでしたか?

眉毛は顔のイメージを変えてしまうパーツですよね。

眉毛の間違った処理で眉毛が生えなくなってしまうと、トレンド眉毛を取り入れたくても、メイクが楽しめなくなってしまいます。

眉毛は抜いて放っておいても、早々に生えてくるものではないので、ご紹介した方法を実践して生やす努力をするようにしましょう!

まとめ

抜き過ぎてヤバい眉毛を生やす方法と美人眉の作り方6つ

眉毛が生えやすい環境を作る血行促進マッサージ
眉毛を生やす環境を整える3つの方法
食生活改善で眉毛をが生えす方法
美眉を手に入れるための2つの眉毛ケア法
自然なナチュラル眉毛の作り方
眉毛を美の黄金比率に整えるポイント


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext