ダイエットでボロボロになった肌をきれいに甦らせる5つの方法

Purity Made Simple.

ダイエットのために食事制限を始めたら、何だか肌が荒れてきた、肌が乾燥するようになった、、、ダイエットに成功しても、肌がこんな状態では憂鬱な気分になりますよね。

間違った食事制限は体を栄養不足の状態にしてしまうため、肌の再生能力が低下し、肌荒れしやすくなることをご存じでしたでしょうか?

しかし、栄養バランス配慮した正しい食事制限を実践し、基本的なスキンケアを徹底すれば、引き締まった体と美肌を一度に手に入れることができるのです。

そこで今回は、ダイエット中の方にもぜひお試しいただきたい、ダイエットでボロボロになった肌を元通りきれいに甦らせるための方法をお伝えします!


ダイエットでボロボロになった肌をきれいに甦らせる5つの方法


1 焦りすぎは逆に危険!外側からのスキンケアだけに頼らないこと


肌が荒れた!と焦って、ピーリングやスクラブ洗顔をしたり、普段は使わない美容液を塗ったり、、、心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

しかし、肌荒れしている時は、肌のバリア機能が低下して肌が刺激を受けやすくなっていますから、スペシャルケアによって逆に肌荒れが悪化してしまう可能性があります。

そのため、肌荒れを改善するためには、まずは洗顔と保湿といった最低限のスキンケアで、荒れた肌のバリア機能を正常化することが不可欠です。

肌荒れ時の基本のスキンケア

洗顔

①洗顔料を利き手と逆の手にとり、少量ずつ水を加えながら、きめ細かい泡になるように、よく泡立てます。
※泡立てネットを使うと簡単です。
②Tゾーン、Uゾーンの順に、顔にのせた泡で優しく洗います。
※指は、直接肌に触れないようにします。
③目元と口元に泡をのせます。
※擦る必要はありません。
④35℃前後のぬるま湯で、最低でも20回以上すすぎ、清潔なタオルを肌に優しく押し当てるようにして、水分を取ります。

保湿

①手のひらに化粧水をとり、両手で挟んで軽く温めます。
②両手のひらに化粧水をのばし、肌に軽く押し当てるようにして、浸透させます。
③乾燥が気になる箇所は、重ね付けします。

保湿は、洗顔後3分以内に済ませるのが理想です。

顔についた埃などの汚れや、余分な皮脂のみを取り除くことができるシンプルな洗顔法と、基本の保湿ケアを実践して、肌の回復力を高めましょう。


2 内側からのアプローチに有効な食べ物は意外な食材


外側からのスキンケアだけに頼ってしまうと、一時的な効果しか実感することができないものですよね。

年齢を感じさせない若々しい肌、内側から輝くような肌を作るためには、肌を作る材料となるタンパク質に加え、肌の状態を改善する働きのある脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養素を、食事から積極的に摂取することが大切です。

「そうは言ってタンパク質も脂質もダイエットの大敵では、、、」と誤解されている方も少なくありませんよね。

実は、タンパク質と脂質、さらに糖質が不足すると、代謝が落ちて痩せにくい体になってしまう恐れがあるのです。

さらに栄養不足の状態では、健康できれいな肌に欠かせないコラーゲンやエラスチンなどの成分も正常に合成されなくなるため、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

そのため、肌の状態をキープしながら代謝をアップして効率良くダイエットするためにも、良質なタンパク質をはじめとする栄養素を、様々な食材からバランスよく摂取することが大切です。

そこで、ダイエット中に摂取すべき、栄養豊富な美肌食材についてお伝えします。

ダイエット中も積極的に摂取したい美肌食材

魚類

タンパク質、カルシウム、鉄分などを豊富に含みます。
青魚に含まれる脂質はオメガ3脂肪酸ですから、体脂肪になりにくいので特におすすめです。

豆類

大豆や豆腐などの大豆加工品には、良質なタンパク質が含まれます。
ミネラルも豊富で、いつもの食事にプラスするだけで、栄養バランスが整います。

ナッツ類

ゴマやアーモンド、くるみなどのナッツ類は、良質のタンパク質や脂質を豊富に含みます。
ダイエット中の間食にもおすすめです。

イモ類

糖質と食物繊維が豊富です。
特にさつまいもはビタミンCとビタミンEが豊富ですから、美肌づくりに欠かせない食材です。

これらに加え、低カロリーで食物繊維豊富なキノコ類、ビタミンやミネラルが豊富な海藻類、野菜類は、毎日摂取したい食材です。

また、脂質は別に足して摂取するのではなく、青魚など良質な脂質を含む食材から摂取するようにすれば、摂取カロリーを抑えられますよ。

1日の中でバランス良く摂取できるように、毎日の献立を工夫してみましょう。



3 腸内環境を整えて肌荒れを改善


ダイエット中は食事量が減るため、便秘がちになってしまう方が多いです。

しかし、腸内環境の乱れは肌荒れの原因になりますし、腸内環境を整えることで老廃物の排出も促されますから、ダイエットの成功のためにも、腸内環境を改善することが大切です。

腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えるには、発酵食品や食物繊維、オリゴ糖などを意識的に摂取する必要があります。

しかし、食事から摂取するのは難しいという方は、サプリメントなどを活用しながら、必要な栄養素を補っていきましょう。


4 幸せホルモンを出せば肌荒れが解消するって本当?


いつも笑顔でいられれば、こんな良いことはないですよね。

笑顔はストレスを吹き飛ばすだけではなく、肌を若々しく保つためにも重要だということをご存知でしょうか?

笑顔には、精神を安定させストレスを軽減し、心身のコンディションを整えてくれる効果が期待できるのです。

また、笑うと脳が「楽しい」「嬉しい」「幸せ」だと勘違いして、俗にいう「幸せホルモン」分泌し、実際はそのような気持ちではなくても、幸せを感じるようになります。

さらに、笑うことで脳細胞が活性化されて、免疫力もアップさせ、心も体も若々しくいられる、、、笑顔には数えきれないほどの素晴らし効果があるのです。

とは言っても、何かと制限の多いダイエット中はストレスを感じやすいものですし、肌トラブルや体型が気になって外見に自信をもてない状態では、笑顔になれないという方もいますよね。

そんな時は、作り笑顔でもOKです!

初めのうちは、楽しくないのに笑顔を作るのは難しいかもしれませんが、徐々に慣れるようになりますから、気分が乗らない時こそ、毎日意識して笑顔を作るようにしてみましょう。


5 質の良い睡眠できれない肌を取り戻す方法


睡眠中は、肌の修復や再生が活発に行われると聞いたことのある方は、多いのではないでしょうか。

睡眠は、健康維持だけではなく、精神の安定や美容のためにも不可欠なものですから、忙しい時でも、ある程度の睡眠時間を確保する必要があります。

ただ、同じ時間眠るのであれば、頭と体を十分に休め、疲労やストレスをしっかり取り除くことができるように、良質な睡眠をとりたいものですよね。

良質な睡眠のためには、心身の状態と室内の環境を、入眠しやすい状態に整えていく工夫が必要です。

そこで、理想的な睡眠環境の作り方をお伝えします。

良質な睡眠のためのコンディションの整え方

・室内の照明を落とし、液晶画面の光は見ないようにする
・食事は3時間前までに済ませる
・眠る直前の入浴や激しい運動は避ける
・寝室の温度と湿度を調整する

寝室の温度の目安は、夏は25℃前後、冬は16℃から19℃で、湿度は1年を通して50%程度です。

さらに、寝具やパジャマの素材も睡眠の質に関係しています。

天然素材のシルクや麻(リネン)素材のパジャマは、夏は涼しく冬は暖かいので、1年中快適な睡眠をとることができますよ。

寝具も肌触りのよい天然素材のものも良いですが、夏用は冷感素材、冬用は保温性能に優れた素材を採用した寝具のバリエーションも増えていますから、天然素材と機能性素材の良いところを取り入れて、快適な睡眠環境を整えていきましょう。


ダイエット中やダイエット後の肌荒れを改善し、肌をきれいに方法をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

肌の内側からのケアとして食生活を改善することは大切ですが、毎日仕事や家事に追われ、食事まで気を遣うのは大変という方もいらっしゃいますよね。

そのような場合には、まずは睡眠リズムを整えることから始めてみてはいかがでしょうか?

ここでお伝えしたことを全て取り入れるのではなく、ご自身のライフスタイルに合わせて、無理のない範囲で実践していけば、肌の変化を実感していただけますよ。

まとめ

ダイエットでボロボロになった肌をきれいに甦らせる5つの方法

1 基本のスキンケアでバリア機能を正常化する
2 バランスの良い食事でダイエットと美肌効果がアップする
3 美肌作りに欠かせない腸内環境の改善
4 笑顔は肌をきれいにしてくれる
5 良質な睡眠は肌の再生を促す


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext