オイリーなのにカサつく混合肌の4つの原因と3つのスキンケア方法

オイリーなのにカサつく混合肌の4つの原因と3つのスキンケア方法

額や鼻などが日中ベタついてしまうのに、頬を見ると化粧が浮いてカサついている、、、このような肌でお悩みの方は混合肌です。

混合肌対策で難しいのが、場所ごとにオイリー肌や乾燥肌が混在している場合で、どのようなスキンケアをすればいいのか悩みがちですよね。

そこで今回は、混合肌をしっかりケアするための正しいスキンケアの方法をお伝えします。


オイリーなのにカサつく混合肌の4つの原因と3つのスキンケア方法


1 混合肌には3タイプあり!その違いとは?


混合肌は、顔の部分によってさまざまなタイプの肌質が混在している肌のことで、さらに混在する肌質によって3つのタイプに分けることができます。

顔の額と鼻の部分であるTゾーンは、皮脂の分泌が多く、逆に目元や口元、あごのUゾーンは皮脂の分泌が少なく、またよく動く部位であることから乾燥しやすいため、厳密には誰もが混合肌ともいえますが、特にこの肌質の違いが大きいタイプが混合肌とされています。

混合肌の3つのタイプ

普通肌と脂性肌

Tゾーンの部分がテカることの多いタイプで、脂性肌だと思っていたら混合肌だったということがあります。

普通肌と乾燥肌

洗顔した後にUゾーンがつっぱる、乾燥しがちですが、他の部分は問題ない肌です。乾燥肌とされることが多いタイプです。

脂性肌と乾燥肌

Tゾーンの脂性部分と、Uゾーンの乾燥の差が激しい肌質です。一般的にはこのタイプを混合肌と呼ぶことが多く、スキンケアの方法が難しいとされています。

肌は季節の変化や体調によっても変わるため、冬は乾燥しやすく、夏は脂性になるといったことや、生理前になると脂性になるといったこともあります。

そのため、自分の体調と肌の状態を見ながら、それに合わせたスキンケアが必要となります。


2 混合肌はどうしてなるの?その原因とは


健康な状態の肌は、皮脂と水分のバランスが取れていますが、混合肌は異なる肌質が混在しており、バランスが崩れた状態です。

乾燥肌や脂性肌と同じく、ケアが必要となる混合肌ですが、なぜ2つのタイプが混在してしまうのか、その原因には4つのことが考えられます。

混合肌になる4つの原因

加齢による肌の質の変化

10代の頃は水分量が多く、みずみずしい肌ですが、20代後半から水分量が減り始め、皮脂量は増えていきます。

20代後半から30代にかけては、混合肌になりやすい時期なのです。40代になると、水分量も皮脂量も減少するため、乾燥しやすい肌になります。

エアコンや紫外線、気候の変化による刺激

エアコンや季節の変化による乾燥や紫外線の刺激から肌を守ろうとし、皮脂の分泌が活発になるため、特に皮脂量が多いTゾーンはテカりやすくなります。

スキンケアの仕方が間違っている

肌のベタつきを取り除くため、洗顔を何度もおこなったり、保湿を怠ったりすると、肌に刺激となり、逆に皮脂の分泌が増えてしまいます。

また肌が変化しているにも関わらず、同じスキンケアをしていることも混合肌の原因となります。

アルコールや油の多い食事、糖分の取り過ぎ

皮脂の元となる食事をすることが多いと、皮脂の分泌が活発になってしまい肌のバランスが崩れて混合肌となってしまいます。

また生理や妊娠中、出産後などにも肌質が変化するだけでなく、ストレスや疲労によっても肌質は変化しますので、一時的なものと考え、スキンケアの方法を変えるようにしましょう。


3 間違ってない?混合肌にオススメの化粧水のタイプは?


混合肌の場合は、選ぶ化粧水にも注意が必要です。

混合肌にオススメの化粧水のタイプ

・しっとりタイプで保湿を優先する
・乾燥肌向けの高保湿の化粧水を選ぶ
・ニキビケア用の化粧水を使うときには乾燥肌用の化粧水も使う

混合肌は肌の水分量と皮脂量のバランスが乱れがちになるため、ニキビができやすくなります。

ただニキビケア用の化粧水は皮脂の分泌を抑える作用が強く、肌が乾燥しがちです。

この場合乾燥でさらに肌にダメージとなりますので、乾燥肌用の化粧水も合わせて使いましょう。

乾燥肌と脂性肌が混在しているからといって、オールインワン化粧品を使うことは、逆に過剰なケアとなり、肌のトラブルが悪化する可能性がありますので注意しましょう。



4 混合肌のスキンケアは肌タイプで変えよう


混合肌の場合は、乾燥肌と脂性肌それぞれ別々のケアが必要となります。

脂性肌だと思っていても、実は肌の内部が乾燥していて、皮脂が過剰に分泌されるインナードライの状態になっていることもあるので、乾燥肌のケアを優先しながら、脂の多いTゾーンはクリームや乳液を控えめにするといったケアで対応することが必要です。

混合肌3つのタイプ別スキンケアの方法

脂性肌と普通肌のスキンケア

保湿効果のある化粧水で全体をケアした後、脂性肌の部分は収れん化粧水を重ねるか、乳液やクリームを薄く塗るようにします。

乾燥肌と普通肌のスキンケア

全体に保湿効果のある化粧水を使い、特に乾燥しがちな部分には、高保湿の美容液やクリームを重ねづけしましょう。

目元などの乾燥には、コットンに化粧水をたっぷりと含ませ、貼って3分ぐらいパックした後、乳液をつけるようにします。

乾燥肌と脂性肌のスキンケア

乾燥肌には乾燥肌対策の化粧水、脂性肌には脂性肌対策の化粧水、それぞれ分けたスキンケアが必要です。

どちらも肌の状態が不安定になっているので、どちらかの肌質に合わせたスキンケアをすることは逆に肌質を崩すことにもなります。

乾燥がひどい場合には、肌のバリア機能が低下していますので、乾燥肌用のスキンケアにプラスして角質層にあるセラミドを含むクリームを塗ると肌の回復を助けになりますので、お悩みの方は試してみてください。


5 混合肌の対策には生活習慣も見直そう


混合肌を解消するためには、生活習慣を見直すことも大切で!混合肌だけでなく、肌を健康に保つためにも以下に挙げる対策を心がけるようにしましょう。

混合肌を改善するために必要な3つの対策

睡眠

肌の再生に関わる成長ホルモンは、睡眠に入ってから30分から1時間後に入る深い眠りのときに分泌されます。

昼間の短時間の昼寝では、深い睡眠にならないため、成長ホルモンは分泌されません。そのため夜しっかりと質の良い睡眠を取ることが必要です。

食事

肌を改善するためには、肌を作る栄養素をしっかりと取り入れることが必要です。

ビタミンやミネラルはもちろん、タンパク質や脂質もバランス良く取り入れるようにしましょう。

乾燥対策

加齢と共に、肌の水分量は低下します。Tゾーンがテカる場合でも、肌の内部は乾燥しがちですので、日常生活から乾燥対策をすることが必要です。

部屋の湿度は60%前後が最適とされていますので、加湿器などを使って湿度を確認しましょう。

体の乾燥を防ぐため、普段から水をこまめに摂取することも大切!寝ているときには汗などで体が乾燥しがちなので、寝る前と起きたときにコップ1杯の水を飲むようにしましょう。


混合肌の種類と原因、そしてオススメのスキンケアのコツをお伝えしましたが、いかがでしたか?

混合肌は乾燥肌と脂性肌が混在するため、スキンケアの方法を間違ってしまうと、逆に肌の調子を悪化させることになりかねません。

また普段の食生活や、生活習慣が、混合肌の原因となっている場合もありますので、スキンケアだけでなく肌に悪影響を与えるものを取り除いていくようにしていきましょう!

まとめ

オイリーなのにカサつく混合肌の4つの原因と3つのスキンケア方法

1 混合肌は「普通肌と脂性肌」「普通肌と乾燥肌」「脂性肌と乾燥肌」の3タイプ
2 混合肌は加齢による肌の質の変化が1つの原因
3 エアコンや紫外線、気候の変化による刺激も混合肌で起こる
4 化粧水は乾燥肌向けの高保湿の化粧水を選ぶ
5 ニキビケア用の化粧水を使うときには乾燥肌用の化粧水も使う
6 睡眠と食事の改善も混合肌対策には必要


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext