ルテインの5つの効果と気になる副作用と摂取量の目安

ルテインの5つの効果と気になる副作用と摂取量の目安

ルテインは目の健康を維持するために必要な成分になるので、パソコンやスマートフォンなど目を酷使することが多い方には必須になります。

更に、加齢とともに発症する病気を予防する効果もあるので、目に異常を感じたときはルテインを積極的に摂取することをおすすめします。

ただ、ルテインを摂取するときは副作用に注意する必要があるので、何らかの症状が現れたら摂り過ぎていないか確認も大切になります。をしましょう。

そこで今回は、ルテインに秘められた効果と、副作用を起こさないための摂取量の目安をご紹介します!


ルテインの5つの効果と気になる副作用と摂取量の目安


1 ルテインが減少する原因


目を酷使する機会が多いと少しずつ目の健康が失われて、失明する危険がある病気にかかってしまう確率が高くなります。

病気を予防するためにはルテインの摂取が必要ですが、元々人の目に多く存在しているものの、体内で作り出すことができないので食べものやサプリメントから取り入れなければなりません。

また、体内に蓄積されているルテインは少しずつ減少していくので、大量に消費しないために減る原因を知って対策をすることが大切です。

体内のルテインが減る4つの原因

・加齢
・タバコ
・紫外線
・テレビやパソコンなどの光

ルテインは主に加齢によって減少していきますが、若い方でもテレビやパソコンの光、タバコの吸い過ぎなどが原因で消費されていくので気を付けましょう。

ルテインが大幅に減ると目の病気の発症確率が高まってしまうので、健康維持の効果を得るためにも日頃からしっかり摂取してくださいね!


2 加齢によって起きる病気の予防


加齢によってルテインが不足すると目の病気にかかる場合があるので、早い内からしっかり摂取してしっかり効果を得る必要があります。

加齢によって発症率が上がる2つの病気

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症は発症すると失明する危険性が高い病気で、視界の真ん中が黒くなったり歪んだりするという特徴があります。

完全に失明すると手術をしても元に戻すことはできないので、少しでも視界に異常を感じたらすぐに病院へ行きましょう。

白内障

白内障は、カメラレンズの役割をしている水晶体がルテインの減少によって白く濁るのが特徴で、視力の低下以外にも光がとても眩しく感じたり視界が霞んだりといった症状が現れます。

上記の病気は年を取ると発症確率が高まりますが、若い方でもルテインが減ると病気の症状が現れるので、思い当たる異常があったら早めに病院へ行って確認をしましょう。

目の病気は早く発見するほど失明のリスクが下がるので、異常を感じたら病院へ行くと同時に、予防と改善に必要なルテインを積極的に摂取してくださいね!


3 ルテインが肌にも効果がある理由


ルテインの多くは目にありますが皮膚にも存在していて、主に紫外線から体を守ってくれているので美肌を維持するためには欠かせません。

そして、ルテインの効果を得るためには化粧品のように肌に塗るより、食事やサプリメントを服用して体内に入れる方が良いので、美肌にしたいときは試してみましょう。

また、ルテインは抗酸化作用も持っているのでシミやしわの予防、潤いのある肌に改善するといった効果も得ることができます。

そのため、紫外線によって肌にシミやしわなどの異常が起きているときは、積極的にルテインを摂取して綺麗な状態を維持することが大切です。

ただし、紫外線を大量に浴び続けているとルテインの量がどんどん減っていくので、日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりといった対策も必要になります。

紫外線対策をして量を減らさないようにすると瑞々しい肌を維持できるので、綺麗な状態をいつまでも保っていたいという方はぜひルテインを意識して摂取してくださいね!



4 ルテインの考えられる副作用とは?


ルテインは基本的に副作用がない成分ですが、サプリメントで摂取する場合は量に気を付ける必要があります。

また、過剰摂取するといくら健康に良くても悪影響を受けてしまうので、考えられる副作用もしっかり把握しておきましょう。

サプリメントでルテインを摂取したときに考えられる5つの副作用

・目の腫れ
・目の痒み
・胸焼け
・咳
・喘息

サプリメントにはルテインの他にも色々な成分が含まれている場合があり、特に安いものだと副作用の発生率が高まります。

用法用量を守っていれば発症率は低いのですが、人によってはすぐに何らかの症状が現れるので、少しでもおかしいと思ったら服用を中止しましょう。

そして、安全を考慮して食事から摂るときも過剰摂取に気を付ける必要があり、毎日大量に摂ると肌の色が変わる柑皮症という病気にかかってしまいます。

柑皮症になったという事例は少ないのですが、どんなものでも過剰摂取は非常に危険のため、適切な量を摂って確実にルテインの効果を得てくださいね!


5 ルテインの効果を得るための摂取量の目安


ルテインの効果を確実に得るためには1日の摂取量をしっかり守る必要があるので、目の病気を予防する目的がある方は把握しておきましょう。

ルテインの1日の摂取量の目安は6mgから10mgとされているので、病気を予防するためにも意識して摂ることが大切です。

そして、ルテインは体内に吸収されている間に減少していくことがあるので、なかなか効果が現れなかったら少しだけ量を増やす必要があります。

ルテインの効果が現れるのは摂取してから約20日から40日後になるので、数日過ぎても変化がなかったら少し量を増やすか病院へ行って相談をしましょう。

また、加齢黄斑変性症の疑いがあるときは更にルテインの量を増やさないと効果がないので、必要な量を病院で確認をしてしっかり摂取することが重要になります。

ルテインは不足すると目に色々な異常が現れるので、過剰摂取に気を付けてしっかり適量を摂取してくださいね!


ルテインは元々体内にある成分ですが加齢や紫外線、喫煙などによって少しずつ減少していくので、必要な量をしっかり摂取することが重要になります。

不足したままでいると、失明の危険がある病気にかかったり、シミやしわができやすくなったりするので、視界や肌の調子が少しでもおかしいと思ったらルテインを積極的に摂取しましょう。

そして、ルテインの効果を得るために必要な量は6mgから10mgとされているので、病気の予防目的で摂取するときは目安にすることが大切です。

ただし、健康に良いからといって過剰摂取すると、目の腫れや咳などといった症状が現れるので、自分の体調に合わせた量を摂るようにしてくださいね!

まとめ

ルテインの5つの効果と気になる副作用と摂取量の目安

1 ルテインが減少する原因
2 加齢によって起きる病気の予防
3 ルテインが肌にも効果がある理由
4 ルテインの考えられる副作用とは?
5 ルテインの効果を得るための摂取量の目安


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext