解熱剤を使ってはいけない6つの病気と対処法

解熱剤を使ってはいけない6つの病気と対処法

熱が出たら解熱剤を使っていますか?

最近では、薬局やドラッグストアでも抜群の効果を持つ解熱鎮痛剤が手に入るようになりました。

こういった解熱剤は飲むとたちまち熱が下がり、痛みもスッと引いて、まるで治ったかのような感じがしますが、実は使い方次第でショック症状を引き起こし、病状を悪化させるケースもあるのです!

そこで今回は、解熱剤を使ってはいけない病気と、その場合の対処法についてご紹介します!


解熱剤を使ってはいけない6つの病気と対処法


1 解熱剤とは?気になる効果と種類


解熱鎮痛薬は3種類に分けることができます。

解熱鎮痛薬の種類

非ステロイド性抗炎症薬

イブプロフェン、アスピリン、アセチルサリチル酸などが含まれる解熱剤で、服用すると胃を痛めることがあります。

ピリン系解熱鎮痛薬

イソプロピルアンチピリンを含む解熱剤で、炎症を抑える効果もあります。

非ピリン系解熱鎮痛薬

アセトアミノフェンを含む解熱剤で、比較的に胃にやさしい薬です。

さらに解熱剤には熱による痛みを軽減してくれる、ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素、そしてカフェインが含まれています。

ブロムワレリル尿素とアリルイソプロピルアセチル尿素は症状に作用とすると同時に眠気を伴うため、服用後の運転は厳禁です。


2 風邪をひいた!解熱剤は使わないほうが治りが早いってホント?


風邪の原因はウイルスや細菌で、体が弱ったときや抵抗力が落ちた時などに、空気中や身近に存在する細菌を体がうまく撃退できずに、体内に侵入を許してしまい、感染を起こした状態のことです。

発熱は風邪の代表的な症状の一つで、体がウイルスや細菌と戦ったときに発生する防御反応です。

人間の体の中の免疫細胞は、体温が上がることで活動が活発になり、ウイルスや細菌への攻撃力が高まります。

むやみに解熱剤で熱を下げてしまうよりも、発熱した状態を一定時間保つ方が、ウイルスや菌を早く撃退でき、風邪の回復が早まるのです。

解熱剤の服用のタイミングは、体温が38.5度以上の熱が2~3時間続き、熱が下がらない場合、そして発熱による消耗や痛みが激しく苦しい場合などです。

逆に高い熱が出ても体の消耗が激しくなく、本人が大丈夫そうであれば、額を冷やすなどの対処療法で様子を見るほうが良いでしょう。

解熱剤以外でできる高熱に対する対処法

  • 首筋、脚の付け根、脇の下といった部分を冷やす
  • 寒気がある場合は温かくし、熱が上がり切ったら冷やす
  • 室温を適温にする
  • 水分補給をしっかりと行う
  • 栄養があり、消化に良いものを食べる
  • 安静にし、睡眠をよくとる
  • 汗をかいたらこまめに服や寝具を取り換える
  • 部屋は適宜換気する

3 脳炎の危険アリ!インフルエンザが疑われる場合の発熱時の解熱剤の使い方


風邪とインフルエンザ、どちらも流行する季節になると、発熱の症状だけでは見分けられないですよね。

実はインフルエンザに感染していた時に解熱剤を服用すると、ライ症候群いわゆる脳炎を引き起こす可能性があります。

ライ症候群は特に小さな子供の発症率が高いため、インフルエンザの可能性が疑われる場合の発熱時には、解熱剤の使い方に注意が必要です。

ライ症候群を引き起こすとされる解熱剤は、アスピリンを含んだ非ステロイド性抗炎症薬の解熱剤です。

一方、アスピリンを含んでいない非ステロイド性抗炎症薬の解熱剤は、インフルエンザでも使用することが可能です。

インフルエンザは特効薬であるタミフルやリレンザといった抗ウイルス剤があるため、きちんと病院で診断を受け、インフルエンザウイルスに対する治療を行えば、解熱剤を使用せずとも熱も下がってきます。

インフルエンザに感染が疑われる高熱が出たら、自己判断で解熱剤を飲むのではなく、まず内科へ行くようにしましょう。


4 喘息悪化に!喘息のある方はアスピリン系解熱剤はNG!


鎮痛解熱剤を飲むことで喘息が悪化してしまう鎮痛解熱剤過敏喘息は、主にアスピリン系の非ステロイド性抗炎症薬を喘息患者が使用した時に発症します。

症状としては、解熱剤を使用して1時間以内に、鼻水鼻詰まり咳息苦しさ呼吸困難といった症状が現れます。

解熱剤を服用後、喘息の症状が出た際の対処方法は、普通の喘息の場合と同じで、呼吸を整え、深呼吸し、楽な姿勢をとらせ水分補給などを行います。

そして酷いようなら速やかに病院へ行くことが必要です。

ここで注意したいのが、持病で喘息持ちの方が知らないうちにアスピリンが配合された薬を飲んでしまうパターンです。

歯の治療、整形外科などで痛み止めとして出されている薬の中に、アスピリンが配合されているものがありますし、頭痛薬や生理痛の薬、風邪薬などに配合されていることもあります。

持病で喘息持ちの方であれば、アスピリンが配合された薬は飲めないことはわかっているものですが、他の人からもらった薬を飲んだりして、喘息が悪化してしまうことがあります。

基本的に薬は処方された本人が飲むものですので、自分に処方された薬は他の人にあげないようにしましょう。


5 解熱剤で胃炎に?!胃腸疾患や潰瘍がある方の発熱時の注意点


解熱剤には、プロスタグランジンという痛みや熱を発生させる物質の活動を抑えることで、その効果を発揮します。

ただ、私たちの体内のプロスタグランジンは、胃や腸の粘膜を守る作用があり、この物質を抑えてしまうことで胃潰瘍や胃炎といった胃腸障害を引き起こすことがあります。

胃腸が弱い方や胃腸疾患をお持ちの方、胃腸に潰瘍を持っている方が非ステロイド性抗炎症薬の解熱剤を服用すると症状を悪化させることがあるため、アセトアミノフェンを含む非ピリン系解熱鎮痛薬を飲むようにしましょう。

また胃腸が丈夫な方でも、解熱剤を長期使用すると胃腸を弱めることがあるため、服用の際は胃薬を一緒に飲むことや、空腹時は避けて食後に服用するなど、なるべく胃腸に負荷がかからないよう注意しながら使うようにしましょう。


6 不明熱は悪性疾患の前兆の可能性あり!下がらない熱は早めに受診


発熱の原因がわからない場合、熱以外に風邪や感染症の症状がみられない場合にも注意が必要です。

解熱剤には痛みや熱の根本原因を解決するのではなく、熱や痛みを無理やりひかせる効果しかありません。

ただの一時凌ぎの効果しかないので、きちんと痛みや熱の根本原因を突き止め、治療を行わなければまたすぐに熱は上がってしまいます。

発熱を伴う疾患例

  • 悪性腫瘍
  • リンパ節炎
  • 膠原病
  • 白血病
  • 肝機能障害
  • 骨髄炎
  • 膵炎
  • 自己免疫性疾患

このように原因不明の発熱の裏には、大きな病気が隠れているケースがあります。

なんとなく熱があるから解熱剤でごまかしていると、本当に大切な病気の前兆を見落とし、発見が遅れてしまうことにも成りかねないため、発熱がなかなか治まらない、微熱が続くという場合には病院でしっかり検査してもらうようにしましょう。


さて、『解熱剤を使ってはいけない6つの病気と対処法』はいかがでしたか?

あくまで解熱剤は、細菌やウイルス、炎症で上がった体温を下げる効果しかありません。

つまり解熱剤を飲んだだけで風邪などの病気が治るということはないのです。

「自分の体のことは自分がよくわかっている」と思いがちですが、歳を取り体のあちこちにガタが来てしまうと、発熱の裏に隠れている病気を見逃すことになります。

解熱剤は余程のことがない限りは使用しないこと、仮に使う場合にはどのようなタイプの解熱剤なのかを把握したうえで使うようにしましょう。

そのために今回ご紹介したことを役立ててくださいね。

まとめ

解熱剤を使ってはいけない6つの病気と対処法

1 解熱剤とは?気になる効果と種類
2 風邪をひいた!解熱剤は使わないほうが治りが早いってホント?
3 脳炎の危険アリ!インフルエンザが疑われる場合の発熱時の解熱剤の使い方
4 喘息悪化に!喘息のある方はアスピリン系解熱剤はNG!
5 解熱剤で胃炎に?!胃腸疾患や潰瘍がある方の発熱時の対象法
6 不明熱は悪性疾患の前兆の可能性あり!下がらない熱は早めに受診


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext