手術も視野に入れたわきが対策6つの方法

手術も視野に入れたわきが対策7つの方法

「自分のわきの臭いが気になって、エレベーターや電車に乗るたび肩身の狭い思いをしている」「会社の同僚から、わき汗が多いのを指摘されて恥ずかしかった」こんな風にわきがに悩んでおられませんか?

わきがは、すっぱくてツンとしていてとても不快な臭いがする嫌なものです。

自分のわきの臭いが気になる人は、わきがを治す方法があればぜひ試したいと思いますよね。

そこで今回は、自宅でできる簡単なわきが対策から、手術も視野に入れた本格的なわきが対策まで7つの方法をご紹介します。


手術も視野に入れたわきが対策6つの方法


1 酸っぱい臭いが嫌!軽いわきがを治す方法


人間のわきにはアポクリン腺という汗を分泌する毛穴があります。

わきがに悩む人には、汗が多い体質の人が多く、大量に分泌されたわき汗や皮脂に細菌が混ざり合って嫌な臭いを発しています。

わきがの臭いをとるためにはわきを常に清潔に保ち、汗をかいたらすぐにふき取ることが大切です。

わきを清潔に保つ対策

・わき汗をかいたらこまめにタオルでふき取る
・毎日入浴時にしっかりとわきを洗う
・臭いの移りやすい衣服は避ける
・除菌シートや消臭スプレーを活用する
・汗の吸収シート付き防臭加工の下着を着用する
・汗をかいた後は着替える

手っ取り早くわきがの臭いを抑えるのであれば、デオドラントスプレー、ミョウバン水ががおすすめです。

ただ、最近は香水やデオドラントスプレーも、わきが同様にスメルハラスメントとされますので、服に匂いが付いてしまうほどの付け過ぎにはくれぐれも注意してセルフケアを行いましょう!

関連記事
もう悩まない!わきがのにおいを抑える7つのセルフケア法


2 毎日のお風呂でできるわきが対策とは?


わきを綺麗に洗いたい人は、対策として入浴時に石鹸を使ってみるのがおすすめです。

ボディソープには界面活性剤が含まれていて、洗浄力が強すぎるので皮膚のバリア的役割を果たしている善玉菌(表皮ブドウ球菌)まで洗い流してしまいますが、石鹸なら自然な洗浄力で臭いのもととなる悪玉菌だけを洗い流し、善玉菌を肌に残しておいてくれます。

臭い対策・肌にやさしい石鹸の選び方

・保湿成分のグリセリンが含まれているか
・薬用成分が含まれているか
・安価で大量生産されている純石鹸は避ける(乾燥を招くため)
・わきが専門に作られた石鹸ならなお良い

良質な石鹸を使ってわきを洗い、臭いの原因となる悪玉菌を毎日しっかり取り除きましょう。


3 わきが体質を体内から改善する方法


人の血液は直前に食べた物によって「弱アルカリ性」か「弱酸性」に偏ることがあります。

血液が「弱アルカリ性」の時には体臭がきつくなります。

では何を食べれば血液が「弱酸性」になるのでしょうか。調べてみましょう。

わきがの方にピッタリ!血液を酸性にしてくれる食べ物

・緑黄色野菜
・梅干し
・わかめ、こんぶ
・きのこ
・大豆

このように食生活を改善することによって、わきがの臭いを抑えるようにしましょう。

また、毎日油っぽいものや動物性のたんぱく質を多く食べていると体臭もキツくなってしまいます。

わきが対策として、揚げ物や肉の食べ過ぎには注意しましょう。


4 軽いわきがを治療するお手軽な注射とは?


軽度のわきが治療方法に、ボトックス注射があります。

ボトックス注射は、ボツリヌス菌から毒性を省いた成分をわきに注射することで、アポクリン腺の働きを抑えます。注射は5万円程度でできて、処置も30分で済むのでお手軽です。

また、1度のボトックス注射で、3~5か月間効果が持続します。

わきがに真剣に悩んでいる人は、ボトックス注射を受けることで自分がいつも臭いのではないかという不安からも解消され精神的にも安定します。

ぜひボトックス注射を受けて、臭い対策を万全にしておきましょう。


5 切らずにできる!アポクリン腺の除去方法


中程度のわきがに悩む人におすすめな対策はレーザー治療です。

美容クリニックや皮膚科へいって、専用のレーザーでアポクリン腺を破壊してもらいましょう。

レーザー治療は皮膚を切ることなく1時間程度の治療で終了し、術後の痛みも少なく回復が早い点がメリットです。

成功すれば1度の治療でわきがが完治します!

ただ、わきの色が黒っぽくなってしまうというデメリット、皮膚の上からレーザーを当てるため、完全にアポクリン腺が破壊できていなかった場合にはわきがが再発するリスクもあるため、よく考えた上でで実施するかを決めましょう。

メリットとデメリットを考慮してレーザー治療を受けるかどうかを判断しましょう。


6 わきがと完全におさらばできる手術とは?


重度のわきがに悩む人には、せん除法がおススメです。

せん除法とは、わきの皮膚をメスで切除し、内部にあるアポクリン腺を一つ一つ目で見て取り除く対策法です。

せん除法のデメリットは成功するかどうかが手術する医師の腕に左右されることです。

また、術後は切った部分が完全につながるまでしばらく痛みが残るので、患部を消毒しながら不便な生活を我慢しなければなりません。

しかしそれに勝るメリットもあります。

アポクリン腺を完全にとってしまうので、一度せん除法の手術を受ければ永久的にわきがが治ります!

せん除法手術は外科治療なので保険も効きますので、手術は信頼できる医者とクリニックを選びましょう。


さて、『手術も視野に入れたわきが対策6つの方法』はいかがでしたか。

軽いわきがに悩む人は石鹸を変えたり、わき汗の処置を丁寧に行うことで、臭いを抑えられるとわかりました。

毎日の食事に気をつけるのも効果的だとわかりました。

そしてわきがを治すための手術方法も3つ、知ることができましたね。

自分のわきががどの程度なのか、どの治療法が一番良いのかを考えて、ぜひ、ここでご紹介したわきが対策を実践するようにしましょう。

まとめ

手術も視野に入れたわきが対策6つの方法

1 酸っぱい臭いが嫌!軽いわきがを治す方法
2 毎日のお風呂でできるわきが対策とは?
3 わきが体質を体内から改善する方法
4 軽いわきがを治療するお手軽な注射とは?
5 切らずにできる!アポクリン腺の除去方法
6 わきがと完全におさらばできる手術とは?


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext