顔の脱毛を成功させるための肌トラブル回避6つのポイント

Ave Maria. Chaste.
la_farfalla_22

多くの女性にとって、悩みのタネとなるむだ毛。腕や足はもちろんですが、特に顔の産毛やヒゲに関しては、処理をするかしないかで、見た目が大きく左右しますよね?

せっかく美しい肌を目指すのでしたら、顔の脱毛をマメに行うことをおススメするところですが、気をつけておかなければならないのが脱毛によるお肌のトラブルです。

顔の皮膚は他の場所よりも薄くて繊細ですので、十分な注意を払っての処理が必要になります。

そこで今回は、顔の脱毛をトラブルなくキレイに成功させるための大切なポイントをお伝えいたします。


顔の脱毛を成功させるための肌トラブル回避6つのポイント


1 むだ毛処理を始める前の道具選び


むだ毛処理を始める前に、自分に合った使いやすい道具を選ぶことが大切です。

むだ毛処理の方法として、家で処理をする場合、肌表面のむだ毛を剃るシェービングと、毛抜きやフェイスパックでむだ毛を根っこから抜いてしまう脱毛の2つがありますが、手っ取り早いのは、カミソリや顔用電動シェーバーを使うシェービングですよね。

まずここではカミソリを選ぶときのポイントをお伝えします。

むだ毛処理のためのカミソリ選びのポイント

・顔専用の刃先が小ぶりなもの
・L字型のもの
・ハンドル部分が滑りにくいもの

身体と違って顔は面積が小さく、凸凹が多いですので、女性顔専用の小ぶりなものを選びます

またT字型のカミソリは持ちやすく初心者の方には使いやすいのですが、細かい部分の処理にはL字型の方がキレイに仕上がりますので、L型とT型の両方を揃えてもよいでしょう。

カミソリを使うことに抵抗がある方には、安全性の高い顔用電動シェーバーをおススメします!


2 肌トラブルを避けるには事前ケアが大切なポイント


顔のむだ毛処理で肌トラブルを避けるために、処理後のケアと同様に徹底したいのが、処理前のケアです!

肌のコンディションを整えてから処理を始めることで、カミソリの滑りがよくなり、また肌への負担も軽減されます。

カミソリ使用時の事前ケア3ステップ

①顔を洗い、肌を清潔な状態にする
②温かい蒸しタオルで毛穴を開かせ、むだ毛を柔らかくする
③乳液等でしっかり保湿をする

カミソリを使うとどうしても肌が乾燥しますので、剃る前の保湿が大切です!毛抜きを使う場合も同様にケアをしましょう!


3 失敗を避けたい!上手にシェービングするポイント


しっかりと保湿をした後は、むだ毛シェービングを始めるのですが、照明が暗く雑菌が繁殖しやすいお風呂場は避けて洗面所などの明るい場所で処理をするようにしましょう。

肌へのダメージを減らすシェービング方法

①カミソリの滑りがよくなるようにシェービング専用のクリーム等を顔全体に塗る
②むだ毛の生えている方向と逆に皮膚を引っぱり、毛の流れにそって優しく剃る

注意点として、何度も同じ箇所を剃らないようにしましょう。また肝心なカミソリですが、切れ味が落ちたものは、肌により刺激を与えますので、新しいものを使い、使用後はきれいに洗ってしっかり乾燥させましょう。

眉周りの太めの毛は毛抜きを使って、生えているのと同じ方向で抜くとキレイに仕上がります。


4 徹底した保湿ケアが顔脱毛成功の秘訣


シェービングの後は、顔を冷水で洗って肌を落ち着かせます。そして保湿をしっかり行うことが大切です。

アルコールフリーで低刺激の化粧水で十分な水分を与え、美容液で保湿、乳液やクリームで外部からの乾燥を防ぎましょう。

また時間があるときは、シートマスクで肌を潤わせるのもおススメです!

顔のむだ毛処理後の敏感肌でも使えるシートマスク選びのポイント

・無添加であることを確認する
・香料は、植物エキスの香料であること
・シートの素材はコットン100%がおススメ
・保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸などが含まれていると尚良し

最大限の保湿効果を得るために、シートマスクの使用方法に従うようにしましょう。


5 むだ毛処理のタイミングが大切


顔の皮膚は薄くとてもデリケートですので、過度なむだ毛処理は、肌を傷めてしまいます。例えばカミソリを使っての産毛処理でしたら、3週間に一度のペース、鼻の下や眉毛は毛が太く目立ちやすいですが、それでも週に一度におさえるようにしましょう。

また時間帯としては、朝ではなく夜に行うようにします。というのも処理直後にメイクをしたり、外出をして紫外線を浴びるのを避ける方が、肌への負担が少ないためです。一方、電動シェーバーの場合は、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

吹出物が出ていたり、日焼けをした後などの肌コンディションがよくない時は、どの方法であっても、処理を控えるようにします。そして生理前や生理中はホルモンバランスの関係で肌に敏感になっていますので、その時期も避けましょう。


6 大豆が効果的!むだ毛を薄くする方法


顔脱毛のポイントをおさえて、処理をすることも大切ですが、むだ毛自体を徐々に薄くしてしまう手もあります。

むだ毛の原因は色々と考えられますが、その1つは女性ホルモンの減少や乱れによるもので、女性ホルモン対策として私たちが出来る事は、食事で積極的に大豆製品を摂取することです。また大豆ベースの抑毛ローションをスキンケアに取り入れると、むだ毛を徐々に薄くする効果が期待できます。

そこで自宅でも簡単に作ることできる抑毛ローションの作り方をご紹介します。

家で簡単に出来てしまう!抑毛ローションの作り方

【材料】
・成分無調整豆乳: 400ml
大豆固形分10% のものが最適
・レモン:1個、
・消毒用エタノール:40ml

【作り方】
①レモンの皮を剥いてから絞ります。
②豆乳を鍋に入れ弱火にかけ、こまめに混ぜます。
③膜が出来ないように煮て、60~65℃に温めたらレモン汁を加えます。
④豆乳が分離し始めたら、火を止めます。
⑤エタノールを加えます。(必ず火を止めてください!!!)
⑥豆乳をコーヒーフィルターや布巾を使って漉します。
⑦冷めたら清潔な容器に移せば完成です!

抑毛ローションは天然素材でできたものですので、長期保存はできません。冷蔵庫で保存して、1ヶ月程度で使い切るようにしましょう。


さて、『顔の脱毛を成功させるための肌トラブル回避6つのポイント』はいかかでしたでしょうか?

顔の脱毛が上手く出来ると、肌のトーンが明るくなったりニキビ等が出来にくくなったりと、嬉しい効果が期待できます。

ただ肌に負担をかけてしまうことには違いありませんので、やり過ぎは厳禁です!肌のコンディションや体調も考慮し、毎回慎重に処理を行うようにしましょう。

まとめ

顔の脱毛を成功させるための肌トラブル回避6つのポイント

1 むだ毛処理を始める前の道具選び
2 肌トラブルを避けるには事前ケアが大切なポイント
3 失敗を避けたい!上手にシェービングする方法
4 徹底した保湿ケアが顔脱毛成功の秘訣
5 むだ毛処理のタイミングが大切
6 むだ毛を薄くする!抑毛ローションを自宅で作る方法


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext