白髪染めを長持ちさせるためのトリートメント5つの活用術

白髪染めを長持ちさせるためのトリートメント5つの活用術

白髪が目立つと見た目にも悪く、実年齢よりも老けてみえますよね?

せっかく白髪を染めてもすぐに白髪が目立ち始めて、髪のダメージを気にするとなかなか次の白髪染めをするのもためらってしまうのではないでしょうか?

白髪を染めると刺激で頭皮にかぶれの症状が出たり、髪が芯から乾燥してパサパサの髪質になるなど切れ毛や薄毛のリスクを起こします。

そこで白髪染めを長持ちさせ、髪のダメージも減らすための具体的な方法をご紹介します。


白髪染めを長持ちさせるためのトリートメント5つの活用術


1 白髪染めの種類とリスク


自宅で白髪染めをする場合一般的に市販されている白髪染めにはどの様な種類があり、髪へのダメージはどの程度あるのでしょうか?

白髪染めの種類と地肌や髪へのダメージ

・脱色剤入り2剤式白髪染め
髪や地肌にかなりダメージがありますが、黒髪も白髪もしっかり染まります。

・トリートメント白髪染め
シャンプーの後のトリートメントで白髪を染めるタイプです。
髪や地肌へのダメージは少なく白髪のみをしっかり染めます。

・天然素材の白髪染
ヘナなど天然素材の白髪染めです。
髪や地肌へのダメージは最も少なく刺激もありませんが、髪の毛全体が染まりにくい事もあります。

白髪染めは繰り返し使う物なので、髪へのダメージや染まり具合を知る事も大切です。

短いサイクルで白髪染めを使用する場合は髪や地肌に負担の少ない製品を選ぶことをお勧めします。


2 綺麗な髪色を持続させるためのポイント


綺麗に白髪を染めたのに、持続しないのはなぜでしょうか?

髪色を綺麗なまま持続させるために注意する点をご紹介します!

綺麗な髪色を維持する2つのポイント

・白髪染をした後にパーマをかけない
綺麗に白髪を染めたのにパーマをすぐにかけてしまうと、色落ちをして白髪頭の原因となってしまいます。
白髪染め後にパーマをかけるなら1週間以上は間を開けてからにしましょう。

・紫外線対策をする
白髪染めの後の髪の毛や頭皮は、紫外線のダメージを受けやすく、染めた色を綺麗に維持出来ません。
紫外線防止には日傘や帽子で、髪の毛を紫外線から守る方法を取る事が大切です。


3 キューティクルをケアして白髪染めを長持ちさせる方法


白髪染めをするとキューティクルは開いたままとなり、髪の毛のタンパク質や水分が髪の毛から失われてしまいます。

キューティクルのケアをする事で髪の毛のダメージを減らし、白髪染めを長持ちさせることが出来ます。

そこでキューティクルケアを守る方法をご紹介します!

キューティクルを保護する3つの方法

・ドライヤー前のトリートメント
トリートメントは洗い流すタイプのものもありますが、ドライヤー前にトリートメントを付けて乾かすタイプのものもあります。
両タイプのトリートメントを併用する事で、キューティクルを守り髪の毛のダメージを減らします。

・ドライヤーの当て方
長時間ドライヤーを当てると、髪の毛から水分が失われ髪の毛がパサパサになります。
素早くしっかり髪を乾かす事でダメージを減らせますが、髪の毛が半乾きのまま自然乾燥させるのは。逆に地肌を痛めるのでNGです。

・シャンプーやトリートメントはしっかりすすぐ
すすぎ残しがあると、髪の毛にべたつきが残ってしまい髪が乾きにくく、その分ドライヤーに時間がかかります。
十分にすすぎをする事で髪の毛が早く乾かせるので、キューティクルの痛みを防ぎます。



4 白髪を増やさない対策


白髪染めをしたのにすぐに白髪がちらほら現れると、白髪ばかりが目立ってしまい気分が滅入りますよね。

今以上に白髪を増やさず、白髪が減る改善をすると白髪染めの回数も減り髪へのダメージも減ります。

そこで日常生活の不足を見直して、白髪を改善する方法をご紹介します!

白髪防止に取り入れる2つの方法

・適度な運動
運動不足になると体を巡る血液の流れが悪くなり頭皮や髪の毛が栄養不足になります。
血流が悪くなる事で、血液は全身を駆け巡って必要な栄養を送れなくなります。
簡単なストレッチや散歩など、取り入れやすい運動を続ける事が、髪や頭皮が健康に保つ為に必要なのです。

・十分な睡眠
睡眠は体の細胞が栄養を吸収し活発に活動する時間です。
睡眠時間が少なくなると栄養が体に吸収しにくく、栄養不足になる事で髪や肌にダメージを与える原因になるのです!

生活リズムを整えしっかり栄養を吸収して白髪防止が出来るように生活を整えましょう。


5 良質の栄養をしっかり摂って髪の毛に元気を取り戻す


白髪になる原因は偏った食生活が体に与える影響で、栄養がしっかり末端まで届かなくなる栄養不足が原因となって毛根にあるメラノサイトの働きが弱くなったために白髪が増えるのです。

そこでメラノサイトが元気になる質のよい栄養素をご紹介します!

メラノサイトに効果を発揮する3つの栄養素

・ビタミンの豊富な新鮮な野菜
・ミネラルたっぷりの海藻類
・タンパク質が豊富な大豆製品

体を健康に保ち、質のよい栄養をバランスよく摂る事で、髪の毛の末端にまで栄養が行き届けば白髪の改善につながります。


さて、『白髪染めを長持ちさせるためのトリートメント5つの活用術』はいかがでしたか?

白髪が気になりだすと、鏡を見ても、ドライヤーをかけていても、白髪に目がいってしまい、いつもガッカリした気分になり落ち込みますよね。

外側からの白髪ケアだけに頼らず内側からのケアも積極的に取り入れて、白髪を改善し予防すると地肌や髪の毛のダメージも減らす事になります!

まとめ

白髪染めを長持ちさせるためのトリートメント5つの活用術

1 白髪染めの種類とリスク
2 綺麗な髪色を持続させるためのポイント
3 キューティクルをケアして白髪染めを長持ちさせる方法
4 白髪を増やさない対策
5 良質の栄養をしっかり摂って髪の毛に元気を取り戻す


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext