徹底解説グルコサミンの本当の効果と体に良い7つの理由

徹底解説グルコサミンの本当の効果と体に良い7つの理由

グルコサミンは、テレビのCMや新聞、雑誌の広告などでもよく宣伝されており、あまり詳しいことは知らなくても、関節の痛みに効くイメージをお持ちでないでしょうか?

その関節の痛みに効果が期待できるということから、歳を重ねて足腰の弱くなった方がサプリメントで摂取するものだと思っていませんか?

もちろんそれも正解なのですが、実はグルコサミンには健康面や美容面においても、素晴らしい効果が期待できるのです!

そこで今回は、グルコサミンのあまり知られていない本当の効果や体に良い理由をご紹介します。


徹底解説グルコサミンの本当の効果と体に良い7つの理由


1 知ってるようで知らない!グルコサミンの成分について


グルコサミンは、日本ではサプリメントとして扱われていますが、具体的にどんな成分であるのか、気になるところですよね。

アミノ酸と糖が結合したグルコサミンは、もともと私たちの体内、特に軟骨、皮膚、靭帯、爪に多く存在する成分です。

20歳過ぎから減り始め、40歳前後になるとピーク時の半分、さらに歳を重ねると共に減り続けるわけですが、その結果、負担のかかりやすい関節の軟骨が擦り減り、骨と骨がきしみあうことで炎症、痛みへと進行します。

そういった理由から、加齢で不足しているグルコサミンを摂取すると、痛みを軽減する効果が期待できますよ!と、宣伝等で謳っているのです!


2 グルコサミンと言えばコレ!軟骨の再生を促進する効果


前にも書いた通り、関節には軟骨があるのですが、その役割として、「関節の動きをスムーズにする」「あらゆる衝撃から関節を守る」の2つが挙げられます。

通常なら、関節の軟骨がすり減っても再生されるのですが、加齢等が原因で再生能力が衰えてしまい、次第に炎症、痛みとなって現れます。

そこで、グルコサミンが軟骨の再生を促す効果に注目!

グルコサミンを習慣的に摂取すると、骨を作る軟骨芽細胞が刺激され、軟骨の再生が促進されるため、関節痛の軽減につながるのです。

一般的に、膝など関節の痛みを感じるようになる40〜50歳代からサプリを摂取する方が多いのですが、過去に激しいスポーツをしていたなどで関節に大きな負担をかけてきた方や、体質的にグルコサミンが少ない方などは、痛み予防のためにも、早めに何かしらの対策をとる方が賢明な場合もあります。


3 女性にオススメなワケ!グルコサミンの美肌効果


グルコサミンの最もよく知られている効果と言えば、関節痛の緩和ですが、実は美肌効果も期待できるのをご存知でしょうか?

一般的に美肌に効く栄養素や成分は、ビタミンC、コラーゲン、ヒアルロン酸あたりが挙げられますが、グルコサミンは、もともと体内にある成分で、ヒアルロン酸を作る材料でもあります。

非常に高い保水力のあるヒアルロン酸は、しばしば化粧品の中にも含まれていますが、実際のところは、分子が大きいために、外から取り入れようとしてもなかなか吸収しづらいため、グルコサミンを摂取して、ヒアルロン酸を体内で作り出す方が効果が高いのです!

関節痛だけでない!グルコサミンの美肌効果

  • 潤いを与えて弾力のある肌に
  • 血行がよくなり血色の良い肌に
  • メラニン生成を抑制してシミ予防に

グルコサミンには、グルコサミン塩酸塩、グルコサミン硫酸塩、N-アセチルグルコサミンの3タイプがありますが、美肌を目的とする場合は、N-アセチルグルコサミンを選ぶようにしましょう。


4 冷え性の改善にも!グルコサミンの血液サラサラ効果


私たちの体の中を巡る血液には、酸素や栄養素を運ぶ重要な役割がありますが、何かしらの原因で血行不良になると、女性に多い冷え性をはじめ、様々な不調、高血圧、動脈硬化といった生活習慣病のリスクが高まります。

そして、血液中の成分の一つ血小板には、出血の際にその箇所を固めて止血する働きがありますが、時にくっつき合い、塊となって血栓となり、これもまた血行不良の原因となります。

グルコサミンには、そんな健康被害をもたらす流れの悪い血液を改善、血小板の凝集作用を抑制するため、血小板が不必要に固まることなく血液サラサラ、血行促進へとつながり、様々な健康効果が期待できるのです。


5 老化や生活習慣病の予防に!グルコサミンの抗炎症効果


老化や生活習慣病には慢性的な炎症が関係しており、グルコサミンには、その炎症を抑制する働きがあると、研究により明らかになっています。

例えば、体のどこかで炎症が起こると、白血球成分の半分以上を占める好中球が、細菌や異物を退治するわけですが、その際、好中球が活発化しすぎると、活性酸素を発生させて炎症を起こし、逆に細胞を傷つけることもあり、それが老化を早めたり、病気の原因になることも!

グルコサミンには、その強力な好中球の働きを抑制する働きがありますので、炎症を和らげる効果が期待できるのです。


6 ミトコンドリアが決め手!グルコサミンの延命効果


グルコサミンの関節の炎症や痛みを和らげる効果からは想像しがたいのですが、ある医学専門誌では、「延命効果が見られる」と発表されています。

私たちの健康に深く関係するミトコンドリアは、加齢など様々な原因で古くなったり、質が劣化すると、活性酸素を発生させます。

そのミトコンドリアですが、グルコサミンを摂取すると、古くなったミトコンドリアが壊され新しく作られる自食作用(オートファジー)が活性化されるため、活性酸素を抑制し、細胞が酸化するのを抑えられるのです。

活性酸素による細胞の酸化は、老化や病気の大きな原因!それを防ぐためにグルコサミンを取り入れることに併せて、ミトコンドリアの働きを悪くする運動不足、過食に気をつけることも大切です。


7 グルコサミンサプリの選び方とグルコサミンを含む食品


グルコサミンと言うと、私たちの体に必要な量を手軽に摂取できるサプリメントが主流ですよね。

グルコサミンだけのタイプもありますが、相乗効果を狙って、コンドロイチンやヒアルロン酸と一緒になったものも多く、その辺は自分の目的に合ったものを選んで問題はないでしょう。

ただ、グルコサミンのサプリは、カニやエビなど甲殻類の殻から製造されているものが多いため、もしアレルギーのある方は、トウモロコシが原材料のものを選ぶようにしましょう。

一方、サプリメントで摂取するイメージの強いグルコサミンですが、実はある一定の食品の中にも含まれています。

サプリだけじゃない!グルコサミンを含む食品

  • オクラ
  • 山芋
  • 納豆
  • キノコ類
  • 桜海老
  • 鶏の軟骨や皮、手羽先
  • フカヒレ
  • うなぎ
  • 高品質なかまぼこや竹輪

体に良いとされるネバネバ食品やキノコ類は、日頃から食卓に上がりやすい食材ですよね。

これらと併せて、グルコサミンのサプリを摂り続けると、今回お伝えした体に良い効果を感じることができるでしょう。


さて、『徹底解説グルコサミンの本当の効果と体に良い7つの理由』はいかがでしたか?

グルコサミンのサプリに関する副作用はないとされますが、稀に胃痛、便秘、下痢といった胃腸障害が起こることもあります。

また、もし年齢的にまだ若い方が、関節痛等の予防としてサプリを摂取する場合、長期間にわたると、自らの軟骨を再生する能力が弱まるリスクがあります。

サプリメントはそのお手軽感から、適当に飲んでしまう方もいらっしゃいますが、薬を服用中だったり、他のサプリと併用する場合は、医師や薬剤師の方に必ず相談することを徹底してくださいね。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

徹底解説グルコサミンの本当の効果と体に良い7つの理由

1 知ってるようで知らない!グルコサミンの成分について
2 グルコサミンと言えばコレ!軟骨の再生を促進する効果
3 女性にオススメなワケ!グルコサミンの美肌効果
4 冷え性の改善にも!グルコサミンの血液サラサラ効果
5 老化や生活習慣病の予防に!グルコサミンの抗炎症効果
6 ミトコンドリアが決め手!グルコサミンの延命効果
7 グルコサミンサプリの選び方とグルコサミンを含む食品


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext