血糖値コントロールで眠気を吹き飛ばす5つの方法

sleepy
austinevan

午後から用事や仕事などが詰まっているため、パワーアップにランチをしっかり食べたのに、食べたあとは眠くてなかなか集中できない、、、なんていうことはありませんか?

眠気が襲うと、やらなければいけないことをサクサクとこなしてゆくのは難しいですし、だからといって、ランチを抜くと眠気はなくなりますが、今度は空腹感が襲ってきますよね。

もし眠気が食事の内容が良くないことで起こるとなると、、、十分にコントロールすることができます!

そこで今回は、血糖値のコントロールでどうにもならない眠気を吹き飛して、午後の仕事をはかどらせる方法をご紹介します。


血糖値コントロールで眠気を吹き飛ばす5つの方法


1 食後に眠気が起こる原因


食後に眠気が襲うのは、ランチメニューには必ずはいっているご飯やパンなどの炭水化物が眠気を引き起こしてしまうから!

炭水化物が体内に入ると、炭水化物に含まれている糖質が消化吸収されるため、血糖値が急激に上昇します。

この血糖値が急に上昇すると、細胞膜が傷つき老化を促進させてしまいうのです。

そうなると細胞膜を守るため、上がりすぎた血糖値を抑えるインシュリンが分泌されます。

実は食後に眠くなってしまうのは、パンやご飯を消化吸収した際に血糖値が上がるため、インシュリンでその血糖値を下げようとするのが原因なのです。


2 血糖値コントロールで避けるべき食品とは?


午後から予定が詰まっているときは、食事は取りたいけれど眠くなるのは困りますよね。

そんなときは、食事の内容を工夫すると眠気を防ぐことができます。

一番良いのは、眠気の原因となる米やパンなど、炭水化物の摂取を減らすようにすることです。

眠気を上げてしまう炭水化物を含む食品

・白米
・白いパンや菓子パン
・パスタ
・インスタントラーメン
・ファストフード
・うどん

また、外食の際はセットメニューにも気をつけましょう。

コロッケ定食(じゃがいも+白米)、ラーメン+チャーハン、うどん+おにぎりのセットなどは、炭水化物の大量摂取メニューとなり、眠気を促進させますので気をつけましょう。

また、注文の際にはご飯をつけない、もしくは、ご飯の量を少なめにオーダーするようにしてくださいね。


3 血糖値上昇を避け眠気を抑える食べ方


眠気を抑えるために、炭水化物の食べ物を一切取らなければいいのかというと、実はそうではありません!

炭水化物を全く取らないとエネルギー源であるブドウ糖が生成されなくなるために、満腹感が得られなくなったり、脳が働きにくくなったります。

そのため炭水化物はある程度取らなければいけませんが、眠気は防ぎたいですよね。

実は、食べ方に工夫するだけで、血糖値の上昇を避け眠気を抑えることができるのです!!

血糖値の上昇を避ける食べ方

・楽しくおしゃべりしながらゆっくり食べる
・よく噛む
・野菜やきのこなどを最初に食べ、ご飯やパンは最後に食べる

眠気を飛ばすために缶コーヒーを飲む方もいらっしゃいますが、缶コーヒーはお砂糖がティースプーン6杯分程含まれているため、かえって血糖値を上げてしまいますので注意してくださいね!


4 血糖値の上がりにくい食べ物を選ぶコツ


午後には大事な用事、やらなければいけない仕事が控えているとき、食後の血糖値があがりにくい食べ物を知っていれば安心して食事ができますよね。

食後の血糖値の上昇度が高いか低いかを表すGI(血糖指数)という指数がありますが、このGIが低い食べ物を選びましょう。

低GI値の食べ物はインシュリンの分泌も少なくて済むため、血糖値のコントロールができます。

低GI値の食べ物

・玄米
・そば
・全粒粉パン
・野菜(人参、トウモロコシを除く)
・りんごやみかんなどのフルーツ
・プレーンヨーグルト

セットメニューのご飯を玄米に、サンドイッチをオールブランの野菜サンドイッチに、食後のケーキの代わりにプレーンヨーグルトなどに変えて工夫するといいですよ!


5 昼寝をして眠気を吹き飛ばす方法


食後に眠気がでるのは、食べ物を消化吸収することで血糖値が下がり、脳の働きに必要なブドウ糖を届ける血流が少なくなってしまうことが原因ですが、無理をしたり、疲れがたまっている状態では、どんなに食べ物や食べ方を工夫しても、眠くなることがあります。

それならば、我慢せずに寝てしまいましょう!

食後のあと、15分~30分ほど昼寝をすると、疲れも取れ眠気が解消されるためやる気も戻ってきます!

ただし、30分を超えると体が休息状態に入り、起きにくくなってしまいますので、日中は30分以内に止めておきましょう。


さて、『血糖値コントロールで眠気を吹き飛ばす5つの方法』はいかがでしたか?

食後の眠気を吹き飛ばすには、無理に炭水化物や糖質の多いものを一切取らないのではなく、普段の食事を少し変えるだけで、十分に血糖値コントロールができます!

そして、血糖値コントロールをすると、眠気防止だけでなく嬉しいダイエット効果もありますので、早速今日のランチライムから実践していきましょう!

まとめ

血糖値コントロールで眠気を吹き飛ばす5つの方法

1 食後に眠気が起こる原因
2 血糖値コントロールで避けるべき食品とは?
3 血糖値上昇を避け眠気を抑える食べ方
4 血糖値の上がりにくい食べ物を選ぶコツ
5 昼寝をして眠気を吹き飛ばす方法


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext