憂鬱な生理不順を穏やかに改善する5つの方法

Friends
Journeys

食生活であったり、ストレスであったり、仕事の状況だったり、、、女性の体はとても繊細なので、少しの環境の変化で毎月決まった生理が止まってしまったり、遅れたりして、定期的な間隔にズレが起きますよね。

生理不順を軽く考えて放置してしまうと不妊症の原因になったり、後々妊娠を望んだ時に治療が必要になることもあります。

そこで今回は、ストレスの解消や食生活から生理不順を改善する具体的な方法をご紹介します。


憂鬱な生理不順を穏やかに改善する5つの方法


1 ストレスを発散して生理不順を改善する方法


生理不順の原因の1つが、女性ホルモンのバランスが乱れて起こることです。

また女性ホルモンの乱れは、さまざまな病気を発症してしまうリスクもありますので、早いうちにストレスケア対策をしておくことをおススメします。

ストレスで発症してしまう生理不順の原因

・卵巣機能低下
卵巣機能が低下してしまうと女性ホルモンが不足してしまいます。
女性ホルモンが不足すれば生理が全く来なくなったり、正しい周期で訪れなくなります。

・脳からの信号がストップ
脳から卵巣に命令が届かなくなり、女性ホルモンが出なくなる状態です。
脳はとてもデリケートなので、ストレスを感じると命令機能が低下してしまい、正しい命令信号が送れなくなってしまいます。

ストレスから起こる生理不順は、正しい周期に訪れなくなったり無月経という形で表れます。


2 生活リズムを整えて生理不順を治す方法


生活リズムの乱れが、生理が乱れる原因の1つであることはご存知ですよね。

ただ、そもそも日常生活の何が生理不順の原因になるのか、、、しっかり認識しておかないと、いつまで経っても生理不順は治りません。

生活リズムが乱れる5つの原因

・起床就寝時間が一定でない
・睡眠時間不足
・過度のダイエット
・運動不足
・シャワーのみで浴槽に浸からない

生活リズムと体内のホルモンバランスは密接に関係しているため、生活リズムが乱れると生理不順以外にも、さまざまな症状が体に表れるようになります。

仕事や家事で忙しいと、自分の思う通りの生活リズムが整えられず、余計にストレスに感じて生理不順も悪化することもありますので、注意しましょう!


3 基礎代謝アップで生理不順を治す方法


体に冷えが生じると、体を巡る血液循環が悪化し、子宮への血液が行き届かなくなります。

これが生理不順や生理中の不快症状を引き起こす1つ原因になります。

そこで実践していただきたいのが、体の冷え撃退するために、体温を1℃上げることです!

実は体温を1℃上げるだけで体の免疫力が高まり、血液循環が正常化に向かうのです。

そうなれば生理不順も緩和するようになります!

体温1℃アップのためのエクササイズ

・スクワット
・水泳
・ヨガ
・体幹トレーニング

体温を1℃上げるためには、短時間の激しい運動をするのではなく、長い時間続けられる運動になります。

ゆっくりとした動きで腹筋や背筋を鍛えれば、体温アップに貢献する基礎代謝が上げることができます。

ぜひ腹筋や背筋を意識しながらエクササイズをしてみましょう!


4 食生活を見直して生理不順を改善する方法


バランスの取れた栄養価の高い食事、そして規則正しく毎日3食摂ることが健康管理の基本ですよね。

そこで生理不順を治すために積極的に摂りたい食べ物を栄養素別にご紹介します。

生理不順を治すために摂りたい食べ物

◆大豆製品
・豆腐
・納豆
・おから

◆ビタミンB6
・マグロ
・レバー
・カツオ
・にんにく

◆ビタミンE
・アーモンド
・モロヘイヤ
・アボガド
・うなぎ

栄養不足や化学調味料、インスタント食品などは、ホルモンバランスの乱れるを誘発するため、できるだけ摂取しないようにしましょう。


5 質の良い睡眠で生理不順を治す方法


毎日夜更かしをしたり、規則正しく朝起きる習慣がない生活リズムが、生理不順を招いている可能性があります。

その日の疲れは、その日にしっかり寝て、疲労回復することが何よりも大切!週末にまとめて寝貯めしても何の解決にもなりません!!

そこで良質な睡眠を取って、睡眠不足を解消するコツを併せてご紹介します。

良質な睡眠を取るための4つのコツ

・積極的に仮眠を取る
ちょっとした時間に仮眠を取ると、睡眠不足解消に繋がります。
ただ、1回の仮眠は5分~15分までにしましょう。
長く仮眠を取ってしまうと、逆に夜眠れなくなってしまいます。

・起床・就寝時間を決める
毎日の起きる時間、寝る時間がバラバラになると、体内時計が狂ってしまい、生活リズムが不安化します。

・理想の睡眠時間は7時間
睡眠時間が短くても長くても体に取って良くありません。
成長ホルモンを十分に分泌させるには、7時間の睡眠がベストです。

・寝る前にストレッチをして体の緊張をほぐす
寝る前に緊張した筋肉をほぐせば、体が温まり、リラックスした状態で眠りにつけます。

寝る前のストレッチは5分程度がベスト!余りに長くやってしまうと眠れなくなりますので、注意するようにしましょう!


さて、『憂鬱な生理不順を穏やかに改善する5つの方法』はいかがでしたか?

生理不順はホルモンバランスの乱れから起こることが多く、精神的なストレスや身体的なストレスの影響から生理不順になることもあります。

ただ、生理不順には、子宮の病気やホルモンの異常が隠れていることもありますので、不安な方は早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

まとめ

憂鬱な生理不順を穏やかに改善する5つの方法

1 ストレスを発散して生理不順を改善する方法
2 生活リズムを整えて生理不順を治す方法
3 基礎代謝アップで生理不順を治す方法
4 食生活を見直して生理不順を改善する方法
5 質の良い睡眠で生理不順を治す方法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext